きっと大切なコトを忘れないように。

ほーなん備忘録

美容/健康/ダイエット

有酸素運動と無酸素運動 ダイエットではどちらが良いのか?

更新日:

komposita / Pixabay

ダイエットする時にまず悩むのがダイエット方法ですよね。

食事制限や運動が基本になってくるとは思いますが、運動には有酸素運動と無酸素運動があってどちらをすれば良いのかわからないですよね。

結局どうすれば良いのか?を考察します。

スポンサーリンク

有酸素運動と無酸素運動のイメージ

SAM7682 / Pixabay

有酸素運動のイメージ

主にランニング。

・走るのは大変、辛い
・脂肪燃焼は20分~から?
・基本的には30分~1時間は必要?
・体重を落とすには手っ取り早い。

無酸素運動のイメージ

主に筋トレ。

・筋肉を鍛えるのに長期的に見ないといけない
・筋肉で太くなりそう
・代謝が上がる

と、いう感じですかね。

では実際のところはどうなんでしょうか。

実際はどうなのか?

有酸素運動

主にランニング。
↪ジョギングでもOK

・走るのは大変、辛い
多少の努力は必要。なるべく楽しくできるよう工夫することが大事(音楽を聴いたり)。

・脂肪燃焼は20分~から?
スピードは遅くても長時間かけることが大切。

・基本的には30分~1時間は必要?
それくらいは必要です。

・体重を落とすには手っ取り早い。
↪脂肪と同時に筋肉も無くなるので体重が落ちるペースは早いが、筋トレしながら筋肉を維持しないと基礎代謝が落ちてしまう。

無酸素運動

主に筋トレ。

・筋肉を鍛えるのに長期的に見ないといけない
・筋肉で太くなりそう
↪本格的な筋トレをしない限りはそうそう太くはならない。
・代謝が上がる

となります。

実際どちらがいいのか

こちらの動画でも詳しく解説していますが、結論は

無酸素運動です。

ただ、これはどちらが良いかといった場合の結論なので実際はやはり

両方大切なんです。

多くの人は有酸素運動のみのダイエットをしているのですが、先ほどにもあるように、脂肪と同時に筋肉も無くなってしまうので、代謝が落ちます。

代謝が落ちたまま今の生活習慣を続けると、摂取カロリーを減らすか消費エネルギーを増やすかしないとカロリーオーバーになり太ります。

極端な食事制限やさらなる運動量を増やすといったことをしてさらに痩せていっても、そしたらさらに摂取カロリーを減らすか消費エネルギーを増やさないと太るという負のループに陥ってしまいます。

ですから、痩せる為には基礎代謝を上げることは非常に大切なのです。

その為にも無酸素運動である筋トレはダイエットに欠かせない存在なのです。

早く痩せたいと焦る気持ちも分かりますが、これからダイエットを始める方は、筋トレもメニュー入れて、長期的な視点で太りにくいカラダを作るよう目指していってください。

-美容/健康/ダイエット

Copyright© ほーなん備忘録 , 2020 All Rights Reserved.