きっと大切なコトを忘れないように。

ほーなん備忘録

人間関係

他人との距離感の取り方 どうすればいい?

更新日:

他人との距離感が取れないと悩むことがよくあると思います。

一度距離感の取り方がわからなくなってしまうと他人と関わることが苦痛になり、付き合うことが面倒になってしまいます。

具体的な人との付き合い方は学校で教えてもらうことが出来ないので悩みを抱えている方が多いのです。

これをすれば全ての悩みが解決できる...といったものは無いですが、少なくとも知っておいたほうが良い気構えをいくつかご紹介します。

スポンサーリンク

他人に期待しない

友達や恋人などに自分の理想像を求めている人が多くいますよね。

絶対的な信頼関係の友人が欲しい...や素敵な恋人が欲しい...等ですね。

理想像が描かれたアニメやドラマを真に受け、影響されてしまうといった原因が多いと思われますが...

こういった、相手に対する期待値が高すぎると、実際の場合はその期待値を超えることが出来ないことが多いので相手に対して失望してしまい、人間関係が悪くなってしまうという流れになってしまいます。

ですから、相手に対する期待値を持ちすぎないということが重要になります。

期待値が低ければ低いほど、実測値(現実)が超えた時に相手に対して感謝等の感情が大きくなります。

要するに、相手に期待しない程、相手の良い所を感じ取りやすくなる訳です。

昔はワルしてたけど、今は普通に働いてこんなに立派になりました。のような話も同様に普通に働いてるだけでも昔ワルだった分、感動が大きいわけですよね。

まずは自分が相手に与える 

貴方は人間関係を作る上で、損得を考えますか?この人は自分にとってプラスになるから付き合っている、自分にマイナスになる人間とは付き合わないという人も多いですよね。そういった考え方は人間として当然ではあるのですが、相手から何かを与えてもらうには自分から何かを与えなければ成立しません。

その為にも、自分が基本的に与える側になることです。そして相手に見返りを求めないようにしましょう。

例えば...

何かの誘い事等は断らずに時間を相手に与えると考え行くようにしましょう。本当は行きたくない...という事も多いですが、上司の誘い事などは行くことによってその後が上手くいくことが多いのですよね。自分の時間は確かに貴重なものですが、誘われた時点で諦め、開き直って楽しむことが相手との友好な関係を築くことに繋がります。注意点として、相手に付き合ってあげている(時間を与えている)という印象は絶対に伝わらないようにしましょう

寂しい考え方(本来の自分ではない)と受け取る人もいるかもしれませんが、最近は我を貫くが故、疲弊している人が多いので、少々強引ですが協調性を持つことは社会で生きていく上で絶対に必要なことです。

相手を完全に理解することは出来ない

相手が何を考えているんだろうと、相手の表情に一喜一憂していると、最終的に疲れて嫌いになってしまいます。

その為にも、相手を完全に理解しようとは思わないことです。

所詮、親も恋人も友人も他人です。自分とは違う感性を持っているので、全て分かち合おうとしないことが大切です。

長年付き合っている恋人等でもこういった面もあるのか、と新しい表情を楽しめるくらいのほうが長続きしますし、おすすめです。

-人間関係

Copyright© ほーなん備忘録 , 2020 All Rights Reserved.