きっと大切なコトを忘れないように。

ほーなん備忘録

ほな雑記

【これからの生き方】これからは個人で稼ぐ時代?新卒で就職しなかった私の意見

更新日:

こんにちは。

これから人生をどのように生きていこうとお悩みの貴方。私も同じです。

特に大学、高校を卒業した後何をすればいいか分からないという方は、参考にしていただければ良いなと思います。

スポンサーリンク

今、こうしている間にも少しづつ時代は変化している

Bru-nO / Pixabay

私たちは大体同じことを繰り返して日々を過ごしているので中々実感が湧きませんが、時代は毎日少しづつ変化しています。

インターネットが普及したのも2000年前後。そこから携帯電話がどんどん小型化して使いやすくなり、スマホが登場して等...これらだけでも20年以内の出来事です。

時代が変化するとどうなるか?

常識が変わります。

時代によって人々の考え方は変化していますよね。昔は運動中の水分補給が良いとされていなかったり...今では考えられませんよね。

生き方も変化している

大学卒業後に会社に勤めて終身雇用を目指す
        ↓
仕事も覚えてきて安定したころにパートナーを見つけ、結婚
        ↓
子供を産んで立派に育て上げながら、マイホーム・マイカーを購入
        ↓
子供も自立し、老後は年金と退職金でゆっくりと過ごす

というのが理想の生き方として親に教えられてきた方は多いのではないでしょうか?

この生き方がダメだとは思わないです。しかし時代が変化しているのと同様、生き方も変化しているので、現代では通用しない生き方である可能性があるということです。

スポンサーリンク

これからはどうなる?

終身雇用は今の時代ほぼありえない

Tumisu / Pixabay

一つのジャンルで絶対的地位を確立している大企業ならあるかもしれませんが、一般的には今ある企業が10年後、存在している確率は5%程度と言われています

多くの企業は時代の変化についていけずになくなってしまいます。

自分の人生はもっともっと長いです。今なんか人生100年時代と言われている程です。

そんな長い人生を一つの企業で働き続けれると思いますか?

それに、会社が残り続けても

・人間関係が嫌になったり
・人員削減で突然退職させられたり
・単純に仕事に飽きちゃったり

あらゆる原因で会社を辞めることがあります。

こういった全ての原因を加味すると終身雇用はほぼありえないと思います。

結婚は必ずしも必要ではない

Takmeomeo / Pixabay

日本の人口が減り続けている現状ですが...

自分の人生幸福度を優先して考えた場合、結婚は必ずしも必要ではないと思います。

何故なら、離婚すると不幸になる可能性が高いから。

離婚になる原因として

・若いころ遊び足りなくて浮気してしまう
・経済的に余裕がなくてイライラして喧嘩が絶えない
・家庭の為に必死で仕事して疲弊しすぎる

が有名どころです。

結婚って自分が幸せになる前にパートナーや子供を幸せにしてあげるものですから、自分にそのパワーが無いと、どこがで軋みが生じ崩壊が始まります。

それを理解出来ずに、「結婚は自分が幸せになるもの」だと思ってしまう方に離婚するケースが多いです。

子供を産んだ場合はもっと重要。
離婚の影響を一番に受けるのは子供です。そういった影響を受けた子供が大人になり同じことを繰り返してしまう可能性があります。

・経済的に余裕がある
・精神的に余裕がある
・肉体的に余裕がある

これら全てとは言いませんが、どれかが欠けすぎていると結婚しても不幸になる可能性が高いと思います。

まぁこんな条件を挙げていたら殆ど結婚できなくて日本の結婚率は最悪になりそうですね...

難しい問題です。が、とにかく無理して結婚しなくても良いという話です。

今は同棲という形で結婚はせずに一緒に暮らして、共働きで経済的にも余裕がある。といった方も多いです。

一軒家のマイホームなんて別に無くても平気

Pexels / Pixabay

一軒家でなくてはいけない拘りや理由がなければ無理して買って経済的に辛くなるなら、無くて全然OKです。

持ち家が無くてもどうにでもあります。

私の知り合いは1ヶ月契約の個室喫茶に暮らしています。生きていこうと思えば案外どうにでもなったりします。

年金をあてにしない

年金を払い続けて、将来的にその年金だけで暮らすというのはリスクが高すぎます。

人生何が起こるか分かりません。貰えない可能性や貰えても微々たるものの可能性も考えて、年金をあてにするのは止めた方が良いと思います。

会社をあてにしない

正社員として契約した場合、簡単に社員を辞めさせることは出来ません。

しかし、酷いパワハラ・いじめのようなもので自己退社を促したりするケースもあるようです。

また会社が倒産する可能性なども考えられるので、会社に全ての収入をあてにするのは良くないかもしれません。

スポンサーリンク

これからはどのように生きていくか

複数の収入源を作る

nattanan23 / Pixabay

いわゆるリスク分散です。

「今ある企業が10年後残り続けている可能性が5%」という言葉同様に、今稼げている手段も将来的には稼げなくなる可能性が高いのです。

1つの収入減が絶たれても、複数所持していれば収入がある時、急に0なることはなくなります。

好きなことを見つけることが重要

sweetlouise / Pixabay

「何をすればいいかわからない」という方は、まず好きなことを仕事にしてみましょう。

ゲームが好きならばゲームでも全然良いですし、自分が能動的になれることを見つけましょう。

自分がやりたくないことをやり続けるって辛いですよ。

私の年の離れた先輩が

今の仕事を十数年続けてきてお金も不自由ないけど、若いころに戻れるなら好きなことを仕事にする

と教えてくれました。

この言葉を全て鵜呑みにするのは危険ですが、今仕事などを選べる立場にある方は嫌なことをするよりかは好きなことを仕事にしても良いのではないかと思います。

好きなことは続くし、成長もしやすい

好きなことは、ずっとやっていたいですよね。だから続くんです。

そして好きなことだから成長もしやすい。

逆に嫌なことや興味のないことは、成長しにくいし続かないと思いませんか?

好きなことを仕事にするには嫌なこともしなくてはいけない

好きなことを仕事にするっていうのは奇麗事でもあって、そんなの出来ればみんなやっています。

しかし、現実は好きなことではお金が稼げなくて経済的に苦しくなり挫折してしまうという方が殆どです。

ですから、好きなことを仕事にするには、「人よりも努力」しなくてはまず不可能でしょう。

この「努力」の中には大変で嫌なことがたくさんありますが、それを乗り越えた時に好きなことで生活できるほどの収入を得ることができるでしょう。

この努力を1つ具体的に言うと、

・収益化までに時間がかかるけど信じて続ける努力です

最初は頑張ってもお金になりません。1年2年続けても結果が出来ないことなんてザラにあります。
そういった時ににめげない根性です。

なんでもそうですが、1つの事を何年もやり続けるとそれが財産になります。

そして、収入がない内は別で仕事(バイトなど)を両立しなければいけません。その大変さから多くの人は途中でギブアップしてしまうんですね。

まとめ

長くなってしまいましたが、以上です。

簡単にまとめると

・親世代の生き方が将来通用するとは限らない!
・人生は悔いのないように生きることが大切!
・好きなことを仕事にするには相当な努力が必要!

という感じです。

人生は短いようで結構長いのです。これから先の長い人生、嫌な時間が多いよりも楽しい時間が多い方が当たり前に良いですよね。

そういった人生にしていくためのヒントになれば幸いです。

-ほな雑記

Copyright© ほーなん備忘録 , 2019 All Rights Reserved.