きっと大切なコトを忘れないように。

ほーなん備忘録

商品レビュー

【徹底レビュー】ロジクール MX ERGO M570tとの比較レビュー トラックボールマウス ワイヤレス

投稿日:

今回はロジクールさんから発売されているワイヤレス・トラックボールマウス「MX ERGO」を購入したのでレビューしていきたいと思います。

購入のキッカケはM570t

こちらも同じくロジクールさんから発売されているワイヤレス・トラックボールマウス「M570t」です。

とても評価の高いトラックボールマウスで有名だと思います。

私もお気に入りでM570tを7年以上使い続けていました。

ほーな
M570tはとても使いやすかった!

そんな中、M570tの上位版とも言われる「MX ERGO」が発売されたので、非常に興味があり購入することに至りました。

M570tとの比較もしつつレビューしていきたいと思います。

スポンサーリンク

開封、内容物

内容物

内容物は

・マウス本体
・Unifyingレシーバー
・充電用Micro-USBケーブル
・取扱説明書、保証規定、保証書

外観

背面はマグネット式になっている

画像のようにマグネットでくっついています。これは傾斜をつけるための仕様です。

詳しくは後程説明します。

M570tと並べてみました

長年使ってきたM570tと並べてみました。

ほーな
見た目はすごく似ているね!

スポンサーリンク

MX ERGOの注目ポイント

①20°の傾斜をつけられる

先ほどの画像であるように背面部分はマグネットのようになっており傾斜をつけることできます。

こちらが傾斜0°

これを少し倒すと、カチッと傾斜20°に倒れます。

傾斜を付けることでマウスを持つときの手首が快適になります。

状況に応じて最適な0°or20°を選ぶことで作業効率もUPすると思います。

②ショートカットボタンの追加、質感が上昇

ショートカットボタンがトラックボール近くの側面に追加されました。

追加されたボタン数は1つですが、M570tと比べるとボタンのクリック感が良くなっています。

また、このようにボタンにそれぞれの機能を設定することができます。

ほーな
側面のボタンにはロック機能を設定したよ!席を離れるときはボタンを押すだけでロックされるのでとっても便利!

2台のデバイスを簡単に切り替えできる

中央にあるボタンを押すだけで登録しておいた2台までのデバイスを簡単に切り替えることが出来ます。

2台までならマウスを複数用意しなくても済むので、デスク上がすっきりします。

また、以前紹介したキーボード「KX1000s」と合わせればマウスとキーボードがワイヤレス且つ、デバイス間の切り替えも簡単で非常に作業効率がUPするのでおススメです。

ほーな
MX ERGOとKX1000sの組み合わせは超おススメ♪

M570tとの違い

全体的に高級感があり上位版といった感じ

MX ERGOを使った後に、あらためてM570tを使ってみると、やはり質感の違いを感じます。

・マウス本体の質感
・持ち心地
・ボタンの押し心地
・デバイス間の移動が楽
・ショートカットボタン数

などなど考えられるストレス要素がなくなりスムーズに作業することできます。

MX ERGOは完全充電式、M570tは単三電池が必要

M570tは単三電池が必要でしたが、MX ERGOは充電タイプなので電池いらずです。

ほーな
モチロン充電中も操作可能だよ!

まとめ

長らく使ってきたM570tですが、MX ERGOに変えてさらに快適になりました。

特に長時間作業する方や頻繁に使う方にはおススメできます。

M570tがお気に入り!という方には是非お勧めできる、正に上位版といったマウスでした。

最後までお読みいただきありがとうございました。

-商品レビュー

Copyright© ほーなん備忘録 , 2020 All Rights Reserved.