きっと大切なコトを忘れないように。

ほーなん備忘録

美容/健康/ダイエット

ラクトアイスを食べる前にトランス脂肪酸について学ぶ

更新日:

wanderson91 / Pixabay

寒い冬でもついつい食べたくなってしまうほどの美味しさを持つアイスクリームですが、種類によっては注意して食べなくてはならないものもあります。

ラクトアイスについて詳しく知らない方も多いと思われますので、今回はラクトアイスに潜む危険性などをご紹介します。

スポンサーリンク

アイスの種類はどんなものがある?

市販に売っているアイスクリームは大きく分けてアイスクリームと氷菓子に分類されます。

氷菓子は代表的なものとしてガリガリ君などがありますね。氷でできているアイスです。

そしてアイスクリームですが乳固形分と乳脂肪分の含有量によって以下のように分類されます。

⇦含有量⇨
アイスクリーム アイスミルク ラクトアイス
乳固形分15%以上、乳脂肪8%以上 乳固形分10%以上、乳脂肪分3% 乳固形分3%以上

wikipediaより

アイスクリームほど乳成分が入っているのに対し、ラクトアイスになると殆ど入っていないことがわかりますね。

ほーな
ラクトアイスには乳成分がほとんど無いんだね

では、ラクトアイスは乳製品の代わりにどんなものが使われているのでしょうか。

代わりに食品添加物が使われている可能性がある

代わりに使われているものとして植物油等があります。

この植物油ですが摂取するにあたってトランス脂肪酸に注意しなければなりません。

トランス脂肪酸は人工的に作られた油なのですが、摂取しすぎると心臓病のリスクが高まる可能性があると見られています。

アメリカでは2018年6月以降、食品への添加が禁止されるそうです。

それくらいトランス脂肪酸に対して注意が必要だというわけです。

2017年現在、日本では含有量の少なさからトランス脂肪酸の表示義務がありません。

ですから、トランス脂肪酸についてよく知り、摂取しすぎないように注意が必要だということです。

トランス脂肪酸を多く含むものを知る

トランス脂肪酸を多く含ものとして代表的なものは

・バター
・マーガリン
・ショートニング

などがあります。

また、コーヒーを飲むときなどに使う、コーヒーフレッシュですが、牛乳でなく植物油で出来ているものがあります。

こういったものも知っておく必要がありますね。

どんなものにトランス脂肪酸が含まれているかを知っておき、摂取しすぎないように注意したいですね。

-美容/健康/ダイエット

Copyright© ほーなん備忘録 , 2020 All Rights Reserved.