きっと大切なコトを忘れないように。

ほーなん備忘録

美容/健康/ダイエット

食生活を改善したら変わったこと

更新日:

RitaE / Pixabay

多くの人は幼いころに親から1日3食という教えを受けていたと思います。私もそう教えられていました。朝昼夜と決められた時間になれば必ず食事を取って生活してきました。

親元を離れ、自分で生活していくようになってからは不規則な食生活になりながらも、あることに気づいたのです。

人にはそれぞれ食生活に適性がある。ということです。

スポンサーリンク

朝食は重すぎないものを

今までは起きてすぐに白ご飯、目玉焼き、ソーセージx2のようなメニューの朝食を摂っていました。

しかし起きてすぐに食べた為、変な気持ち悪さがあったり、朝の電車の中で胃のもたれなど感じて1日を最悪な状態でスタートしていたのです。

今では起きてすぐに食べることはなく、血糖値が落ち着いたと思った頃に納豆や汁物などをちょこっとだけ摂るようになりました。

すると、胃もたれ感などは全く感じず、仕事などの効率が爆発的に良くなったと感じています。

私は出先でトイレの心配をすることを非常にストレスに感じる人間なので、あまり食べないことによってその心配も少なくなりました。

昼だからといって丼もの、ラーメンは食べない

takedahrs / Pixabay

朝を軽めに済ませ、数時間もすれば昼食の時間が来ます。

この時間になると朝そこまで食べていないのでそこそこお腹が空いています。

しかし、ここで丼もの、ラーメンのような重いものは絶対食べないように心がけています。

食べるものは基本的に和食中心ですが、ここで初めて炭水化物である白ご飯と焼き魚、みそ汁のようなメニューを選びます。

気をつけなければいけないこととして、腹8分目で済ますということです。

お腹いっぱいに食べてしまうと血糖値の上昇によって眠気が出てしまい、午後の仕事に支障をきたすからです。

余談ですが、某投資家も相場感がつかめなくなるから昼ごはんはあまり食べないという話もありますよね。

夜は一番気をつけたい

夜は一番気を付けたい場面です。

まず、炭水化物は食べないようにしています。夜は基本寝るだけなので、炭水化物等を食べすぎると分解できなかった糖が脂肪になりやすく太る原因になるからです。

そして寝る3時間前は食べないようにしています。食べてすぐに寝てしまうと、食べ物を消化する為に胃が働いている状態で睡眠するということなので非常に睡眠の質が悪くなります。また、胃もたれ等の原因にもなり、自分は長い間悩まされました

食生活を見直してみて変わったコト

・まず第一に痩せました。意識的な運動は殆ど無かったにも関わらず、7キロ近くやせました。単純に摂取カロリーが相当減ったのもありますが、ここまで楽に痩せられるとは思いませんでした。

・快適な朝を迎えられるようになりました。無理やり朝食を掻き込むことが無いので、胃がリセットされた状態で朝の風に当たると非常に心地が良いです。

・決まった時間に食べなければいけないという義務感から解放されたので好きな時間に好きなものを食べれるという解放感を感じるようになった。

さいごに

あ、結構食事制限をしているような印象を与えてしまったと思いますが、チョコ等の大好きなお菓子は食べたいときに好きなだけ食べていました。勿論食べすぎはダメなんですが、好きなものは食べたいときに食べられるというルールがストレスを感じない大きな原因だったと思います。

皆様も自分にあった食生活で快適な日々をお過ごしください。

-美容/健康/ダイエット

Copyright© ほーなん備忘録 , 2020 All Rights Reserved.