きっと大切なコトを忘れないように。

ほーなん備忘録

人生相談/効率化

すれ違いざまに人の顔を見るのを止めたら快適になった

更新日:

Skitterphoto / Pixabay

皆さんは外出中、人とすれ違う時などに相手の顔や目を見てしまう癖があるでしょうか?

自分は昔そうでした。故にいちいちつまらないことで疲弊していました。そのことについてお話します。

スポンサーリンク

すれ違いに相手の顔を見ても良いことが殆ど無い

Free-Photos / Pixabay

すれ違いざまに相手と目が合うと大体、いい表情はしていませんよね。

寧ろ、表情を作っていないので睨んだような目で見られたと感じてしまうこともあります。これは目が合ったお互いが感じていることなのです。

中には蔑んだ表情や変なものを見るような目で見られたと感じて後で自分のどこかがおかしいのかと嫌な思いをすることもあります。

それでも何故見てしまうのか?

安全確認と防衛本能

これは人間の無意識の中にあるもので、動物的本能でもあります。

無意識のうちに怪しい人危険なものなどが無いか確認してしまうということですね。
色々な人が出入りする電車の中や、人込みが少ないところに人がいたら気になりますよね。

中には人間観察というケースも

中には単純な人間観察が目的で顔を見てくる人もいます。

しかしそれ以外の大半の人が無意識に相手の顔を見ているだけなので、自分が変な目で見られたとしても気にしないほうがよいです。

スポンサーリンク

相手の顔を見ないようにするコツ

人間を意識しない

人間を意識せず、遠くの景色を見たりちょっと視線を下にむけて歩くといいです。車などによる事故の注意は怠らないようにしましょう。

どうしても見たくなったら顔の中心を見る

どうしても気になって相手の顔をみる癖がやめられないという方は、相手の顔の中心、鼻のあたりを見るようにしてみましょう。

そうするだけで目を合わせないで済みます。

無駄なトラブルは避けよう

通勤時の電車の中は要注意

通勤時等の混雑している時はイライラしている人も多いので目があったり視線を感じたりすると喧嘩になる可能性が高いです。

そういったトラブルは急いでいる時には余計に無駄な事なのでなるべく避けるべきです。

目が合っただけで喧嘩になるケースも

目が合っただけで因縁をつけられ喧嘩になり大けがするケースもあります。

こういったトラブルによって昨日まで穏やかだった日々が無くなってしまうのは悲しいですよね。

こういうことが起きる可能性もあるので無暗に顔を見るのはおすすめしません。

-人生相談/効率化

Copyright© ほーなん備忘録 , 2020 All Rights Reserved.