きっと大切なコトを忘れないように。

ほーなん備忘録

人生相談/効率化

断捨離とは心の整理。今すぐできる断捨離の方法とは?

更新日:

dokumol / Pixabay

断捨離という言葉、聞いたことのある人も多いと思います。

最近では終活という言葉もあり、断捨離の様々な形があるみたいです。

今回は断捨離はどういったもなのかをお話いたします。

スポンサーリンク

断捨離とは心の整理整頓

モノというのは捨てなければどんどんと溜まっていきます。

そしてそのモノひとつひとつには色んな思いが詰められています。

例えば...

小学生の時に作った工作、賞を取った記念のトロフィー、恋人にもらった指輪...等々、その時感じた良い思い出、悪い思い出が共にモノに込められています。

特に思い入れのあるモノは捨てるのが勿体なくて捨てられない...という人も多く、だんだんとモノが溜まってしまうというケースがよくあります。

しかし、そういった過去のモノを捨てることによって心の開放を目的とするのがこの断捨離です。

モノへの執着を捨てる

これは思い出のモノだから捨てられない...といった形で使いはしないけど捨てられないからモノが増えていく...というのは過去の良い思い出に縛られていて逆に辛い思いをしている可能性があります。

心の奥底では過去を断ち切り新しい自分、今の気持ちを整理したいと思っているのに中々出来ない...そういった人へおすすめの方法があります。

捨てる準備をして、モノひとつひとつに問いかける

RobinHiggins / Pixabay

モノを捨てるための袋等を用意して、捨てようか迷っているモノに対して「今の自分に対して本当に必要なモノなのか」を問いけけてみてください。

やっぱり必要だと捨てられないモノはキープ。

これはもう今の自分に必要ないと感じたモノは「捨てるもの」へ。

1回で全てを仕分けする必要はありません。深く考えずに1回目は「これは迷いなく捨てれる」と感じたものだけざっくりと捨てていきましょう。

後日、残ったものをさらに仕分けします。これを繰り返していくことにより「今の自分に本当に必要なモノ」だけが残るようになります。

大きいものは小型化、アナログはデジタル化へ

何枚もある写真などは一つのアルバムにまとめる等して小型化しましょう。

写真やビデオなどはハードディスクにまとめてデジタル化しましょう。

これならば捨てられなくてもスッキリとした形で残しておくことができます。

フランス人は10着しか服を持たない?

過去にこのようなことを聞いたことがあります。

フランス人はしっかりと吟味して必要なものだけを買うので、捨てるものが少ない。いつも身の回りを奇麗にしている。

他にも、日本人は家の中ではダボっとした部屋着に着替える人も多いですが、フランスでは普段着として常にシュッとした服を着ているので、体型も美しい人が多い...というものです。

勿論、全員に当てはまる訳ではないですが、見習いたい部分です。

皆さんも断捨離をして心の毒を無くしてみてはいかがでしょうか。

-人生相談/効率化

Copyright© ほーなん備忘録 , 2020 All Rights Reserved.